このページを印刷する

品質管理

品質方針 高品質の製品でお客様の信用を高める

  • 目標 クレームゼロへの挑戦
  • 方策 正しい作業は会社の信用 正しい設計は会社の信用 規則遵守は会社の信用
  • 行動指針 1.品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。2.顧客、法規制及びその他の要求事項を満たし、顧客満足の向上を目指します。3.品質方針の展開を定期的にレビューします。2017年6月代表取締役社長 後藤 英恒

製品の品質について

グループによる一貫生産体制

サーミスタの製造には、コア原料であるセラミックスの材料の選定から調合、焼結、そして素子の加工まで数多くの工程が必要です。また、温度センサなどのサーミスタ応用製品では、さらに複数の工程が加わります。各工程の製造条件管理が製品特性維持に重要であり、OHIZUMIでは、厳密な品質管理の下、一連の工程をグループ内において一貫して行うことで、バラツキのない均質かつ高品質なサーミスタ製品を生み出しています。

なお、OHIZUMIではISO9001およびISO14001の認証登録を受けるなど、お客様に満足頂ける品質管理体制構築に取り組んでおります。

品質管理体制

当社グループは、品質を「不具合の未然防止はもちろんのこと顧客の求める高品質な製品を供給すること」と「品質に対して、顧客の期待値を上回る迅速な問題解決を行うこと」の両面で捉え、前者に対しては品質管理部、後者に対しては品質保証部を設置して、「顧客への最適品質の提供」を万全に行う体制をとり、当社ブランドの中核である「品質」を常に競合比優位に維持しております。