このページを印刷する

IRポリシー

IRポリシー

IR基本方針

当社は、IR 活動の基本方針として「株主、投資家を始めとするすべてのステークホルダーの皆様に対して、適時・適切に会社の情報を開示することは上場企業としての責務であり、この責務を果たすことが健全な証券市場を担う一員として必要不可欠であることを十分に認識し、常に株主や投資家の皆様の視点に立ち、迅速・正確かつ公平な会社情報の開示を行うことができることが重要である。」と考えております。

情報開示の方法

当社は適時開示規則にて開示が定められている項目につきましては、TDnet(株式会社東京証券取引所が提供している適時情報伝達システム)への登録を行い、かつ報道機関に対して同一情報を提供(プレスリリース)いたします。また、当社のホームページにおいては、TDnetへの掲載を確認後、できる限り速やかに当該情報の掲載を行います。なお、適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時開示規則の趣旨を踏まえて迅速、正確かつ公平に開示することに努め、開示情報については、基本的に当社ホームページに掲載してまいります。

未公開の重要事実について

当社が印刷物、ホームページ、取材、ミーティング、電話でのお問い合わせ等で公開する情報は、既に公開された情報、周知となった事実もしくは一般的なビジネス環境等に限ります。未公開の重要事実については、一切言及いたしません。

将来の見通しについて

当社が開示する情報のなかには、「将来の見通しに関する記述」が含まれていることがありますが、経済情勢や市況環境の変化等により、当社の実際の事業内容や業績から大きく乖離してしまう可能性があります。当社の業績や競争力、企業価値などをご検討される際には、こうした「将来の見通しに関する記述」に全面的に依拠することは避けていただきますようお願いします。

IR自粛期間(沈黙期間)

当社は「IR自粛期間(沈黙期間)」を設けており、その期間は各四半期の決算日から決算発表日までとさせていただいております。その期間中、当社の役職員は事業見通しや成果、あるいは予測についてのコメントをすることを控えさせていただいております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。